2016年09月01日 - 古河市の出張司法書士の相続ブログ

司法書士 おおやなぎ事務所
相続手続き・遺言書 無料出張相談
2016年09月01日 [相続について]
もし遺言書によってその不動産の承継者を指定してさえいれば、それだけで他の余計な書類は提出しなくても名義を変更することが可能になるのです。

同じことは預貯金にもいえ、遺言書によって口座の金銭の取得者として指定されている者は、遺言書を提出するだけで基本的には預貯金を引き出すことができるのです。
ただし、預貯金についてはその金融機関ごとのルールがありますので、多少の違いはございますが。

このように、推定相続人の全員による手続きが不可能な場合には、遺言書を作成する必要性が増してしまうのです。

C 相続人の中に意思表示が難しい方がいる場合

相続人の中に生まれて間もない子供がいる、もしくは認知症を患っており、意思表示が難しい方がいる。
このような場合も遺言書が有効になります。

未成年者が相続人の場合は、原則としてその親権者が未成年者の代わりにさまざまな契約行為をすることになっております。
遺産分割も法律行為の一つですし、生まれて間もない子供は当然自分で手続きをすることができないため、その親権者、大体は親が代わりに手続きをすることになるでしょう。

しかし、親権者が子供の代わりに手続きをとれない場合があるのです。
例を挙げてご説明いたします。

例えば父親が亡くなり、その妻と子供が相続人であるケースがあるとします。
子供の親権者は母親であるため、母親が妻の立場と、子供の親権者としての立場が重複してしまうのです。

このような場合、母親が一人で遺産分割の手続きは取れません。
子供の利益と母親の利益が相反するからです。

ではどのような手続きが必要になるのでしょうか。

Fに続きます。



無料出張相談します。埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県で相続・会社設立のご相談なら【司法書士おおやなぎ事務所】 
茨城県古河市女沼397−1秋山ビル318

2016年09月01日 [相続について]
先に述べたように遺言書がなければ法定相続分によって遺産が分配されるのですが、それは行方が分からない方にも財産を残す義務があるということなのです。
その一方で、現実問題、土地や建物については、その不動産を使用しない人間の名義にすることはまれで、その不動産を日常で使用する誰か一人の持ち物にして、その他の相続人は現金などで調整することが一般的です。

これは、不動産の名義を複数名にすることは基本的にのちの法律関係を複雑にするだけでメリットがないことに由来します。

ただし、このように名義を一人にまとめるには遺産分割協議を経て、法務局に申請する必要があるのです。この遺産分割協議は相続人全員によって話し合いをしなければ効力がありません。
法務局にも全員の印鑑証明書を含めた書類を提出する必要があり、ごまかすことはできないのです。

すなわち、相続人の中で誰か一人でも協力してくれない人がいれば、その不動産は亡くなった人の名義のまま何の処分もできなくなる可能性があるのです。

預貯金についても同じことが言えます。

亡くなった方の預貯金を引き出すためには、金融機関に同じように遺産分割協議書またはそれに類する書類を提出します。
この時に相続人全員の同意がなければ金融機関によっては全額預貯金を引き出せなくなってしまうのです。

では、もし遺言書を作成していればどうなったのでしょうか。

Eに続きます。



無料出張相談します。埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県で相続・会社設立のご相談なら【司法書士おおやなぎ事務所】 
茨城県古河市女沼397−1秋山ビル318

2016年09月01日 [相続について]
不動産については市町村から固定資産税の支払い通知が来ますし、株式などはその会社から通知が来たりします。相続人はそこで気が付くこともあるでしょう。

しかし例えば誰にも教えていない現金があり、それを隠していた場合、誰にも発見されなければそれは無駄になってしまいます。
また預貯金についても通帳などが発見できなければ、それはそのまま誰にも引き出されずに無くなってしまいます。

財産が無駄になるだけならまだしも、最悪のケースは借金があることを相続人が知らなかった場合です。

気付かないまま相続人がその借金を引き継ぐこととなり、相続人としては知らせてほしかったところでしょう。
このような事態を防ぐためにも遺言書は有効です。

たとえ生前には財産があることを知らせなかったとしても、遺言書として財産内容を記載しておけば、相続人はその財産を無駄にすることなく承継することができるでしょう。
また借金についても、遺言書によって相続人に知らせることができれば、その相続人は相続放棄をすることも考えられるし、何らかの対処が可能になります。

このように財産の有無を知らせるという効果も遺言書にはあります。

B 相続人の中に行方不明者がいる場合
相続人の中に行方が分からない、連絡がつかない、年単位で連絡が取れない、そのような方がいる場合も想定されます。
このような場合、普通の法定相続によって相続手続きを進めようとしたら、大変な労力がかかります。
ではなぜこのような相続人がいると相続手続きが面倒になるのでしょうか。

Dに続きます。



無料出張相談します。埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県で相続・会社設立のご相談なら【司法書士おおやなぎ事務所】 
茨城県古河市女沼397−1秋山ビル318

お問合せフォーム

このページの先頭に戻る