登録免許税C - 古河市の出張司法書士の相続ブログ

司法書士 おおやなぎ事務所
相続手続き・遺言書 無料出張相談
2016年09月21日 [不動産登記について]

登録免許税C

登記事項証明書の面積の方が、評価証明書に記載される面積より大きい場合、基本的に登記事項証明書の面積を基準として価格を計算し直さなさなければなりません。

例えば、登記事項証明書に記載された面積が120uで、評価証明書の面積が100uだった場合、登記簿の方が20u多くなります。
この場合、評価証明書に記載されている価格を1.2倍し、その価格を基に登録免許税を計算することになるのです。

具体例を挙げると、評価証明書に記載されている面積が100uで、価格が1000万円である、一方登記事項証明書の面積が120uである、このような土地の登録免許税はどう計算するのでしょうか。

おそらく現実的には、この土地の面積は100uである可能性が高いです。
ただ、登録免許税を計算する基準となる土地の価格としては1000万円ではなく、1.2倍の1200万円で計算することになります。
このように、登記事項証明書と評価証明書の面積をちゃんと確認せずに、評価証明書に記載されている価格を基準額として安易に計算してしまうと、申請した後に追加で登録免許税を納めなければならなくなります。

この点はどうしても見落としがちになるため、司法書士としては注意したい部分です。



無料出張相談します。埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県で相続・会社設立のご相談なら【司法書士おおやなぎ事務所】 
茨城県古河市女沼397−1秋山ビル318
このエントリーをはてなブックマークに追加

お問合せフォーム

このページの先頭に戻る