資本金の払い込み@ - 古河市の出張司法書士の相続ブログ

司法書士 おおやなぎ事務所
相続手続き・遺言書 無料出張相談
2016年09月22日 [商業・法人登記について]

資本金の払い込み@

今回は、会社設立の登記手続きに必要になる、資本金をどのように決めるのかと、資本金を払い込んだことの証明となる払込証明書について説明します。

1.資本金の払い込み
会社を作ろうとして最初のお金を出資する人のことを発起人といいますが、発起人は会社設立の際に資本金をいくらにするのかを決める必要があります。
そして、資本金を決めたら、その払い込み手続きをしなければなりません。

2.発起人が出資金を振り込むための、発起人の個人の銀行口座を用意する。
まずは、出資金の振込先となる発起人の「個人」の銀行口座を用意します。
会社設立前なので、当然会社名義の口座は作れません。会社の法人口座は、会社設立の登記が終わって会社が設立してから、作ることになります。
なので、発起人の個人の普通預金口座が、会社設立前の会社の出資金のための払い込み口座になります。これは、この会社設立のために新しく口座を作っても、発起人が個人的に使用している普通預金口座でもどちらでも構いません。
発起人が1人でなく複数名いる場合は、代表となる1名を決めて、その発起人の口座を使います。

Aに続きます。



無料出張相談します。埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県で相続・会社設立のご相談なら【司法書士おおやなぎ事務所】 
茨城県古河市女沼397−1秋山ビル318
このエントリーをはてなブックマークに追加

お問合せフォーム

このページの先頭に戻る