相続について - 古河市の出張司法書士の相続ブログ

司法書士 おおやなぎ事務所
相続手続き・遺言書 無料出張相談
2016年09月18日 [相続について]
5.自筆証書遺言に比べて費用が掛かる。
公正証書遺言は公証人による認証が必要であるため、その手数料がかかります。
これは、遺言の内容、財産の種類、価格によって異なるのですが、5〜6万円くらいはかかると思っていいのではないでしょうか。

金銭的に結構な負担になるため、あまり財産がない方、気軽に遺言書を残しておきたい方にとってはハードルは高くなるでしょう。

6.2人以上の証人が必要となる。
公正証書遺言には2人の証人が必要となります。

この証人にも誰でもいいというわけではありません。配偶者や子供など、自分の相続人となることが予想される人は証人にはなれません。

自分とは法律上相続分がない人間に頼む必要があります。

例えば信頼できる友人などに頼むことが考えられます。が、そういう方がいない場合には少し困ってしまいます。

ただこの点は、公証人役場の方から所定の費用を支払えば証人を紹介してもらえる制度もありますので、この制度を利用するのもいいかと思われます。

このように、遺言書を残すにも、形式があり、それぞれにメリットデメリットがあります。
ご自分の財産内容、相続人の状況に応じて使い分けることがベストです。

遺言書は死んだ後効力を発揮するものなので、生前はあまり意識がいかない、考えたくない方もいらっしゃるでしょう。
しかし、これがあるかないかによって、相続手続きの煩雑さが全く変わってきてしまいます。

一度考えてみてはいかがでしょうか。



無料出張相談します。埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県で相続・会社設立のご相談なら【司法書士おおやなぎ事務所】 
茨城県古河市女沼397−1秋山ビル318

2016年09月18日 [相続について]
3.保管が確実なので、紛失することがない
公正証書遺言を作成した後、どのように保管方法されるのでしょうか。

これは、公正証書の謄本が遺言者に交付され、原本は公証人が保管することになっております。
謄本というのは、原本の写しのことですが、ただのコピーではございません。
遺言者が亡くなった後、銀行などの各機関に遺言書による財産承継をお願いする場合に、原本ではなく謄本を提出することによっても手続きができるようになってます。
実務上も、だいたい謄本を提出することによって、相続手続きを行っております。

謄本は、原本の写しであるため、もし遺言者が交付された謄本を無くしてしまったとしても、原本が公証人役場に保管されているため、公証人に申請すれば、また新しく遺言書の謄本が交付されるのです。

また、遺言作成者の死後、どこに遺言書の謄本を保管してあるかが分からない場合にも、その遺言書を作成した公証人役場に問い合わせれば、その遺言書の交付を求めることができます。

遺言書は、実際に作成してから効力を発揮するまでに数十年かかることもあり、どうしても紛失するリスクはあります。
このような事態を防ぐためにも公正証書遺言は有効です。

4.亡くなった後、家庭裁判所での検認手続きが必要ない。
公正証書遺言では、家庭裁判所の検認手続きを経なくても、遺言書として各機関に提出し、財産承継をすることができます。

自筆証書遺言の場合に必須となる検認手続きは、申し立てから、実際の検認作業まで多少の手間がかかり、相続人にとって思わぬ負担となります。

また、検認作業は基本的には法定相続人全員が関与するため、相続人同士で不仲な場合には、余計なトラブルが発生したりすることもあり、心理的にも負担となります。

この点、公正証書遺言を残しておけば、基本的には亡くなった瞬間から遺言書により遺産を承継することになった方が、他人に関与を求めることなく承継手続きが可能です。

これは、公正証書遺言にする大きなメリットです。

一方デメリットとしては次のことが考えられます。

Eに続きます。



無料出張相談します。埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県で相続・会社設立のご相談なら【司法書士おおやなぎ事務所】 
茨城県古河市女沼397−1秋山ビル318

2016年09月18日 [相続について]

≪公正証書遺言≫

公正証書遺言とは、遺言者が法務大臣より任命された公証人という特別な公務員によって遺言書の作成と保管をお願いする形式の遺言書です。
遺言を残す方は、口述にて公証人に遺言の内容を伝え、公証人が実際の遺言書を作成します。
遺言者はこの預貯金は誰に、この不動産は誰になど、具体的な遺産の分割方法を公証人に伝えるだけで、公証人がその遺言者の意思表示を基に文章を作成し、完成した文章に遺言者がサインをすることによって、公正証書遺言として完成します。

ただし、実務上はその場で初めて口頭で伝えたことを公証人が書き写すような事例はあまり多くありません。
いきなり公証人を訪ねても、公証人が予約でいっぱいの場合もありますし、費用の計算、文章をまとめる、その他もろもろの準備で時間がかかってしまうからです。

実際には、事前に公証人と打ち合わせをし、相続人、遺産の内容を把握したうえで、文章にまとめておいて、作成日当日は内容の確認のみ行うといったパターンが多いです。
なので、ほとんど事前に用意してしまうため、遺言書作成の当日は30分くらいで終わってしまいます。

では、公正証書遺言のメリットとは何があるのでしょうか。

1.遺言の形式・方法の不備により無効になることがない。
公正証書遺言は公証人という遺言書のプロが関与する形式です。
それ故に自筆証書遺言で起こりがちな、形式、方法の不備により遺言書が無効になることはまずありません。
遺言者は内容をちゃんと口頭で伝えれば、それはそのまま実現できます。
このように安心して遺言書を残せるメリットがあります。

2.文章を自分の手で書かなくてもいいため、文章をわざわざ書く手間が省ける。
公正証書遺言は、公証人に遺言内容を口述で伝えるだけであとは公証人の仕事です。
公証人がすべての遺言内容を聞き終わった後で、ちゃんと法的に効果があるようにまとめてくれるのです。

実は、遺言書をちゃんと書こうとすると、数百文字は自分の手で書かなくてはならず、これは時間にすると数十分はかかるので、普段文章を手書きで書かない方や、高齢の方には結構な負担になるのです。

さらに、文章のうち大切な部分を間違ってしまうと、法的に効果が無くなってしまうこともあるため、自筆だと間違うことができないというプレッシャーもあります。
これは心理的にすごく負担になります。

口頭で伝えるだけで法的に有効な遺言書が完成することは、このような肉体的、精神的負担の軽減になるのです。
また、自筆だと、単純に病気などが理由で自分では文字が書けない方は遺言書を残すことが難しくなってしまいます。

このような方も、遺言書を作成できる形式が公正証書遺言なのです。

Dに続きます。



無料出張相談します。埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県で相続・会社設立のご相談なら【司法書士おおやなぎ事務所】 
茨城県古河市女沼397−1秋山ビル318


お問合せフォーム

このページの先頭に戻る